FC2ブログ

Liftのブログ

Fishing Tackle

【カスタムレシピ】”BOSS Comp line”

2018
23
注目度満点の”BOSS Competition line”
入荷数が少なくてスミマセンm(_ _)m

IMG_3595.jpg


さて、このBOSSラインは全長約25〜26m、重量約84〜90gmとなっており
そのまま使用するのは”さすがに重すぎる!”です(^^)

っていうかこのBOSSラインは15ftロッドを使用し3ftの立ち込みキャストである
Spey O Ramaスタイル用に開発されております(^^)
ですから基本的に先端から20〜22mくらいにカットして使用するのですね!!
以前のBOSSライン紹介ブログ参照

とはいえ”ラインスペック26m 80gmオーバー”って聞くと
日本で主流の18ftや16ftロッドでのスペイトーナメントでは”夢”を感じますね(笑)

BOSSラインのカスタムについてのお問い合わせがありましたので
私なりにトライ(カット)してみました!!!
参考までに下記にカスタム内容を記載します!
※ラインは製造上バラツキがありますのでご理解願いますm(_ _)m

また接続はループトゥループを活用しておりますので
その製作過程を写真にてご紹介します!

ではラインのカスタムレシピです!
フリーハンドの”マンガ画”でスミマセン(笑)
ラインカスタム画
※自分なりに上手に書けた?(笑)
※15ftロッドではAで軽ければ A + D も良いかもですね(^^)
※16ft、18ftロッドではA+Bまでが良いかもですね(^^) すでに80gmも重量がありますので。。。

つづいてループトゥループ製作です。
わかりやすいようにスレッドやループ用の部品はオレンジ色にしてます(笑)

①ルーブ用のフライラインを5〜6cm用意する。
IMG_3574.jpg

②フライライン本体を写真のようにナナメにカットする。(任意)
IMG_3575.jpg

③フライライン本体にループ用ラインの位置を決めスレッドで止める。(1〜1.5cmくらい重ねる)
IMG_3576.jpg

④スレッドを巻き進める。(密に巻かないほうが接着に有利かもです)
IMG_3577.jpg

⑤ループ用ラインの端をナナメにカットする。
IMG_3578.jpg

⑥スレッドで巻き進み、ハーフヒッチで固定。
IMG_3579.jpg

⑦瞬間接着剤の塗布!
IMG_3580.jpg

⑧乾燥して完成!
IMG_3584.jpg

⑨こんな感じです!
IMG_3585.jpg

※溶着ならこんなにキレイになりますね!
IMG_3595_201809232000571ab.jpg
現場でのラインセッティングをすることがあるので私はスレッドでのループ製作をします(^^)
現場では使い慣れたヒートガンが使えませんからね(笑)

以上こんな感じです!
参考になれば幸いです。

注)ラインカスタムでのループ製作について強度を保証するものではありません!
 自己責任にてお願い致しますm(_ _)m

注)過度のライン重量はロッドを破損させる可能性があります。
 自己責任にてお願い致しますm(_ _)m
スポンサーサイト